イースペックス 香水
イースペックス  
 
 
 
香水まめ知識 基本編
知識を深めて香りの世界を楽しむ
 
香水の種類について
香水は大きく分けると4種類
 ひと口に香水といっても、大きく分けると5種類あります。そもそも、香水はいくつかの香料を混ぜ合わせたものを、蒸留水やアルコールで溶かしてできています。この香料を溶かした割合のことを賦香率(ふこうりつ)といい、賦香率の違いによりそれぞれの特徴・持続時間などが異ってきます。
 もっとも賦香率が高く持続時間が長いのが《パルファン》(またはパルファム)と呼ばれ、一般的には香水といわれています。一方、《オーデパルファン》(またはオーデパルファム)はパルファンと近い深みを持ちつつも、濃度を下げて使いやすくしています。ソフトな香り立ちが魅力の《オーデトワレ》は、賦香率も低めなので普段使いに向いています。そして最もカジュアルでリフレッシュ効果があるとされるのが《オーデコロン》。初めての香水は、賦香率が低めのオーデトワレ、またはオーデコロンから始めると良いと思います。使い慣れて、好みの香りが分かるようになってきたら、徐々に濃度の高い深い香りを放つパルファンにチャレンジしてみては。
香水の種類
賦香率
継続時間
特徴
パルファン
(P)
15〜25%
5〜7時間
完成度の高い香りは、深みと豊かさを感じることができる。香料の濃度が高く香りも長持ちするため、華やかなパーティーやフォーマルな席にも可。ただし、つけすぎには注意
オーデパルファン
(EDP)
10〜15%
5時間前後
パルファンに近い濃度と深い香りを持ちながら、手頃な価格のものが多い。種類も豊富で、自分の香りを探しやすい。つけたい部位にひと吹きずつつける。
オーデトワレ
(EDT)
5〜10%
3〜4時間程度
ソフトな香り立ちと爽快感があるため、カジュアルに楽しめる。濃度も低いため、昼と夜で香りをつけかえたい時に使用するのにも適している。
オーデコロン
(EDC)
3〜5%
1〜2時間程度
香りはやや弱いがリフレッシュ効果が高いため、スポーツの後などにも心地よい。シャワー感覚で、全身にたっぷりつけて爽快感を楽しみたいときに。
オーデサントゥール
(EDS)
1〜3%
1〜2時間程度
アルコールが使用されていない為、肌の弱い方や子供用として。
 
香水の香りについて
時間とともに変化する香り
 香水の香りが立ち始める時間は、1つの香水でもブレンドされた香料によってそれぞれ変わってきます。時間の経過とともに変化する香りの表情を、3段階に分けたものを香りのピラミッドとも言います。つけた瞬間に香り始める《トップノート》は、香りのピラミッドアルコールと一緒に揮発性の高い香料が香るため、清々しく刺激的。つけてから30分〜2時間後くらいに感じる香りを《ミドルノート》またはミドルハートと言い、その香水が持つ本来の表情を楽しめます。つけ初めて2時間以降、消えていくまでが《ラストノート》またはベースノート。いわゆる残り香りとして余韻を楽しむ時間となる。下記の図は、トップノート、ミドルノート、ラストノートのそれぞれの段階での香りの特徴が最もよく現れる時間帯を示しています。
3種類の香料
 香水の原料となる香料は、《天然香料》と《合成香料》に分けられ、さらに天然香料は、《植物性》と《動物性》に分けられます。しかし、近年は動物保護法の観点から、動物性の香料はほとんどが《合成香料》へ以降しています。植物性香料は、花や果実、種子、木などから香りの成分を抽出。例えば、花を原料としたローズ(バラ)やジャスミンなどはその代表です。またラベンダーやカモミールなど、アロマテラピーなどで使われるハーブ系も香水には多い。動物性香料の代表は、ジャコウ鹿の《ムスク》、マッコウクジラの《アンバー》などがある。また、合成香料とは、科学的に生み出された香料のことをいいます。ケミカルアロマとも呼ばれ、それまでは難しかったとされる香りも表現できるようになり、香りの世界が広がりました。
香り方は人それぞれ
 まったく同じ香水をつけても、香り方は人それぞれ違うのも香水の魅力のひとつです。肌表面の《ph濃度》(酸性〜アルカリ性)や皮脂分泌量の違い、そして体温や気候などによって香りは微妙に左右されます。例えば、同じフローラル系でも、皮脂量の多い男性がつけると女性より甘ったるく香ってしまいます。香りを選ぶときは《ムエット》で比べるだけでなく、必ず自分の肌につけて《テイスティング》すること。それがオリジナル香水を見つける近道になります。
 一般的に女性用の香水には品名しか表示されておらず、女性用とは特に書かれていません。これに対して男性用の場合は、品名の下に例えば《for Men》または《Pour Homme》などと表示されていることが多い。また、メンズブランドの場合は、逆に女性用に対して《for Woman》または《Pour Femme》と表示されています。
言語による表記の違い
男性用
女性用
英語
for Men または for Him
for Woman または for Her
フランス語
Pour Homme または Homme
Pour Femme または Pour Elle
イタリア語
Per Uomo または Per Lui
Per Donna または Per Lei
 
 

 キーワード検索

 香水ランキング
 香り検索
 企画・特集
 アクセサリー
 プレゼント
 香水まめ知識

 香水のつけ方

 香水用語
幸せの香水モバイル QRコード
 
     
当ホームページ内で使用している画像・商品説明等の無断転載、加工、複製の使用を固く禁じます