香水のつけ方‖幸せの香水

イースペックス 香水
イースペックス  
 
 
 
 
香水のつけ方
つける部位で香り方も変わる
 
基本的なつけ方
香水をつける前の準備
 なんと言っても体を清潔にしておくことが大切です。最も香りを有効に楽しむのであれば、朝起きたらシャワーを浴びることもポイント。汗は香りの大敵、せっかくの香りが不快な匂いに変化することが多いのです。なお、匂いを抑えるデオドラント剤は汗をかきやすい部分につけるので、香水とはつける部位が違います。使用する時は、無香料のものを選んで下さい。
香るタイミングを逃さず
 香水本来の香りが漂うのは、つけ初めてから30分後以降の《ミドルノート》のときです。つけてすぐは《トップノート》の刺激が強いので、うまく時間を調整しましょう。シャワーの後、洋服を着る前に素肌につけると出かけるまでには香りも落ち着いてきます。人に合う30分前につけておくと、ちょうどいいタイミングで香り立ってきます。
つけすぎは禁物!適量を知る
 香水をつける量は、つける部位のよっても多少違ってきます。例えば手首やウエストなどの上半身につける場合は、1〜2プッシュを目安にして下さい。ひざ裏やくるぶしなどの下半身につける場合は、5〜7ヶ所につけてみましょう。いずれも、こすって広げるのではなく、トントンと叩くようにつけると品のある香り方になります。
つけすぎた時の対処法
 香水をつけすぎてしまったときの応急処置として、アルコールや無水エタノールを、コットンに含ませ拭くという方法があります。また、身近のものとしてウェットティッシュで拭くという方法もあります。ただし、香りは水だけでは消えないため、あくまでもつけ過ぎには気をつけるように心がけて下さい。
フレグランス厳禁のものを知る
 肌以外にも下着や服につけて楽しむ香水ですが、つけてはいけない物もあります。例えばシルクや毛皮、なめし革のバックや小物類には要注意。1滴でも香水がついてしまうと、取り返しのつかないダメージを受ける場合があります。また、茶色い香水の場合は、服や下着に色が染みてしまう可能性があるので、できれば避けて下さい。
つける部位で香り方も変わる
 香水は、体温の高いところにつけると香りが丸くなります。さらに香りは下から上へ広がる、といった特徴があります。この特性をうまく利用してつける部位を決めましょう。基本的には、手首やひじの内側、ひざの裏側など脈を打つところや腰につけます。両耳と胸を結んだVゾーンは、つけ過ぎたり自分が香りに酔ってしまうので避けて下さい。また、足の裏やわきの下など匂いが気になる部分につけてしまいがちだが、汗によって香りの成分が失われ不快な香りになるのでNG。
 
香水をつける主な部位 イラスト
●肩
自分の香りを知るのにベストな部位。鼻との距離もちょうど良いため、ほどよくまろやかに香ります。肩が出る洋服の場合は少し控え目に。
●手首
つける場合は内側につけてください。手首を動かすたびにほのかに香るが、直接つけると強くなる場合もあるので空中に1プッシュした香水の中をくぐらせるとよい。
●ひじの内側
汗腺が少なく脈打つ部位なので、つけやすいし香りも立ちやすい。ただし、皮膚の弱い場所でもあるので肌質を確かめるようにして下さい。
●ひざの裏
しっかりつけても香りが強くならないため、初心者にはオススメの部位。香りは下から上へ立ち上がるため、全身に包まれるように香ります。
●足首
つけすぎがちな人は足首に。多めにつけても靴下や靴で隠れるので、ちょうどよい香りになります。動くたびに香りのも魅力です。
●わきの下
汗腺が多いうえ、汗の香りの成分が流れてしまうのでNG。汗の香りと香水の香りが混ざってしまって、逆効果となってしまいます。
●胸
つける場合はごく少量を1ヶ所につけること。広範囲につけると、自分の鼻を刺激して香りに酔ってしまう場合もあります。
●腰
腰をベースにして、他の部位と組み合わせてつけることで香り方のバランスが良くなる。初めて使う香水のお試しポイントにしてもいい。
●足の裏
わきの下同様に香水には不向きの部位。足や靴のにおいと混ざってしまい、香水本楽の香りを活かすことができません。
 
つけ方の応用
香りを長持ちさせるために
 香水は一定の時間が経過すると、香りがなくなるもの。例えばオーデトワレだと3〜4時間が限定です。香りをもっと長く楽しむためには、つけ足し(タッチアップ)をマスターしたい。目安の時間は、パルファンで5〜7時間後、オーデパルファンで5〜6時間後、オーデトワレは3〜4時間後。最初は同じ香りをつけ足すと失敗がありません。慣れてきたら、最初の香りと違う香りをつけて楽しみましょう。足首など、サッとつけられる部位にさりげなくつけ足しましょう。
重ねづけでワンランク上を目指す
 基本的には、香水を2種類以上まぜて使うことはNGですが、昼つけた香りと違う香りを夜につけるなど、香りを付け替える「重ねづけ」は上級テクニックと言えます。ただし、その場合でも、最初につけてから5時間以上の時間をあけるようにすること。また、重ねづけを楽しむときは、昼間につけた香水は2度目につける香水よりもソフトな香りにすること。最初の香りが残ってしまい、重ねづけした香りのバランスを壊す可能性があります。
 
 
 

 キーワード検索

 香水ランキング
 香り検索
 企画・特集
 アクセサリー
 プレゼント
 香水まめ知識

 香水のつけ方

 香水用語
幸せの香水モバイル QRコード
 
     
当ホームページ内で使用している画像・商品説明等の無断転載、加工、複製の使用を固く禁じます